Research Service


実のところ、「アスタリスク」は「*(wildcard)」つまり何にでも適合できることを意図しており、社内、社外、市場、文化など、新たなバリューを創出するためなら、未経験のジャンルであっても、どんなテーマでも必要に応じてリサーチすることを目的としています。

おおまかに、以下のようなアプローチで専門調査を行います。もちろん、マーケティング調査のとりまとめも承ります。なお、リサーチ・レポートは英語・日本語でのアウトプットに対応することが可能です。

  • 定量調査:より具体的な市場、成長機会に関する調査
  • 定性調査:特定の対象の持つマインドシェアや習慣、考え方に関する調査
  • 技術動向調査:特定の問題の解決につながる技術、あるいは技術そのものについての動向調査
  • グループセッション:5〜20名程度の方々からの意見抽出
  • オンライン・コミュニティセッション:オンラインコミュニティ、SNSなどから特定のテーマに基づく市場の反応を観測・調査
  • サービス調査:特定の商品・プロダクトの現状、経緯、課題、市場評価に関する調査