プレゼンテーション英語速習コース – IT関連に強いトピックで


英語プレゼンテーション速習コースで解決できます。

英語プレゼンテーション速習コースで解決できます。

必ずできるようになる、英語でマイ・プレゼンテーション。

8180598663_c363e1d562_k

講座を開発したドラーチャ・ロバート

2015年調査(EF EPI)によると、日本人の英語能力は、能力指数で世界30位、世界平均を0.69点で上回っています。しかし、標準的なレベルにありながらも英語でプレゼンをすることに自信を持たない日本人は少なくありません。このコースでは、7回のレッスンと個別のフォローアップレッスンを通して、英語で自分のためにカスタマイズされたプレゼンテーション(以下「マイ・プレゼンテーション」)ができるようになるというゴールを設定しています。また、昨今のIT関連用語を駆使するため、サイバーセキュリティのトピックを題材にします。本コースが目指すものは、より多くのITビジネスパーソンが英語でビジネス理解を促進するマイ・プレゼンテーションができるようになることです。

7月開講クラス(3ヶ月・6ヶ月):受講申込ページ

受講生は、まず、取り組む話題を決定し、しっかりモノマネできる正確な発音の練習、またステップバイステップで提供されるレッスンで得られたエッセンスを取り込んでいくことにより、自身の述べたい事柄を盛り込んだ英語プレゼンテーションのスクリプトを短期間で仕上げます。

OWASP Nightで通訳を務めているドラーチャ・ロバート

OWASP Nightで通訳を務めているドラーチャ

選べるプレゼンテーション原稿のテンプレートの例です。ノンネイティブにとって有効な使いやすいスクリプトテンプレート・お手本音声データも提供します。また、持ち込み原稿に沿ったトレーニングもご相談に応じます。

  • 「自己紹介」「仲間・上司の紹介」
  • 「所属団体・会社の紹介」「他社の紹介」
  • 「製品・サービス紹介」「セミナー・イベントへの招待」
  • 「最近のホットトピック」
  • 「質疑応答」

こんな方にオススメ:IT技術者や、海外のお客様を迎えるビジネスパーソン

  • 打ち合わせやカンファレンスなどで英語で発表をする必要のある方
  • お客様に自己紹介・自社の紹介などの説明をシンプルにこなす必要のある方
  • 海外から来られたお客様との打ち合わせの機会のある方
  • 日本で働く外国人とコミュニケーションをとる能力を改善したい方

シラバス:7レッスン

WEEK LECTURE
1 英語プレゼン速習のススメ/テンプレートの解説
  • 日本人が英語でのプレゼンテーションが難しい3つの理由、自然な話し方のために最も大事なこと
2 Cyber Security Keywords
  • Cyber Security ボキャブラリとフレーズ。モデルプレゼンテーションの決定
3 自己紹介・ツカミ
  • 会議、コンファレンスで使えるプロフェショナルな自己紹介とあいさつのコツ
4 プレゼンテーションのフレームワーク
  • FABE、PREP、TAPSなどから、プレゼン・情報提供のフレームワークにあてはめやすいフレーズを入れていきます
5 プレゼンテーションフレーズ
  • 使いまわしがしやすい常套フレーズを練習し、展開力を高めます
6 聴き手・相手を理解する力
  • 日本人が英語を聞きとれない 5つの要因・常套句で質疑応答をこなすコツ
7 非ネーティブらしいアクシデント対応+発表会
  • 言葉がでてこないときどうするか。ノンネーティブならではの切り抜け方
  • 受講生によるプレゼンテーション会

従来の日本での英語教育では、全く異なる、本コースの特徴をご覧ください。

ポイント 本コースの特徴
1. バイリンガルの英語ネイティブによる細かいニュアンスまでの説明 細かい表現の仕方や言葉選びによりニュアンスが大きく変わることがあります。英語研修でありながらも必要な部分については、分かりやすく丁寧に日本語で説明します。重要なプレゼンで言葉遣いの失敗をしないようにニュアンスへの徹底的な理解もさせます。
2. サイバーセキュリティならではの万国共通のホットなトピック IT分野で最もホットなトピックと言っても過言ではないサイバーセキュリティ。最近の事例やトレンドをタイムリーにつかみ、セキュリティの基本概念への理解に加え、万国共通のホットなテーマでプレゼンの面白さをレベルアップさせます。
3. 難解なフレーズをリズムやイントネーションのモノマネでつかむ 練習用のお手本音声データの提供に加え、発音に対する日本人の感覚を徹底的に理解しているバイリンガルの英語ネイティブによる包括的アドバイズで自然な喋り方のコツを身につけます。英語の語学歴の浅い初級者でも自信を持ってプレゼンができるようになれます。
4. ノンネーティブにとって、実戦的かつ持続的な効果のあるツール FABE、PREP、TAPSなど、プレゼンテーション・情報提供のフレームワークを展開します。また、実践的かつ使いやすいスクリプトテンプレートなどのツールを活用し、語学力を問わず、ノンネーティブでも分かりやすくプレゼンができるようにするための練習を行います。
5. プロフェショナルのための柔軟な受講スケジューリング 多忙を極めたプロフェショナルでも継続できるような7週間の速習プログラム。基本夜ですが、2回目以降は当該レッスンの開催日程のいずれにでも参加できます。(要予約)通常の業務に妨害することなく、自分の都合に合う形で受講できます。通用の開催日程で都合が合わない場合は、個別スケジューリングの代替措置もありますので、お気軽にご相談ください。

受講について

  • 受講費用には、合計7回のレッスンに加え、1回の個別フォローアップのレッスン(通常45-60分:予約制/Skypeなどオンラインでも可能)の受講が含まれます。
  • グループごとの募集は10名以内程度(最少催行人数4名程度)に設定しています。
  • 受講費用は65,000円です。(税別、フォローアップレッスン1回の場合)
  • 受講者がご利用になれるよう、全講義資料は編集可能なデジタルデータでご提供します。
  • バイリンガルの英語ネイティブ講師、また日本人アドバイザからも受講生に合った具体的なアドバイスを受けられます。
  • 全講義を受講し修了課題を提出した方には、修了証明書を発行いたします。

受講のお問い合わせ・請求書払いなどのご相談は、トレーニング・研修窓口:edu@rsrch.jpまで、お問い合わせください。

講義資料 [サンプル]

SlideShareにて確認できます。

お問い合わせ

会社名(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

お電話番号(必須)

ご関心のある内容をご選択ください

(必須)

ご要望をお知らせください

(必須)

* 弊社はお客様からご提供いただいた情報をプライバシーポリシーにしたがって取扱います。